お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第80号

ジェネリック医薬品の秘密
本当のところ「同じ薬」なの?

二月に入ったある日、診察室でのこと。
本態性振戦(手の震える一種の体質)で安定剤を服用しているAさん五十三歳男性。企業で活躍中の、分別も理解力もある、恰幅のよい紳士です。普段は、ほとんど「変わりありません。」ですが、今日は話したいことがある様子。
「先生、ジェネリックに変えたら、昼間とても眠くて・・・。また最初の安定剤に戻してくださいよ。」
「どうぞ。でも、この点ははっきりさせておきます。私がジェネリックに変えたわけではなくて、 あなたの意志で、薬局で変えたんですよね。『ジェネリックに変えてください』なんて私は一言も言っていませんよね。なんか私が変えたような口ぶりですが。『もとにもどすのは、ご自由に。』です。しかし、眠くなる安定剤だから、もとの薬とジェネで効き方が違うことをお分かりいただけました。これが血圧の薬だったら、自覚症状がない分、効き方が変わっても、誰も気がつかないですよね。」
「そうですね・・・。CMや薬局だと、全く同じ薬のような印象を受けますが、違うんですか?」
最近はやりのジェネリック医薬品。
黒柳徹子さんや桃太郎侍が宣伝している、「安くて同じものが手に入る」特許切れのお薬のことです。実は、あなたがジェネリックにお薬を変更すると、薬局から連絡が来るのですが、最近その数が多いこと!「誰がジェネに変えて、誰がブランド品のままか」とても覚え切れないほど。

■高血圧で通院中のあなた。ジェネリックに変えたあと、血圧の変動がないかチェックしていますか?
冬の間、寒いと血圧が上昇し、不安定になることは、あなたもご存知ですよね。
しかし、ジェネリックに変えたなら、寒さのせいではなく、そのせいで血圧変化が大きくなったのではないかと疑って、ご自分で家庭血圧をチェックする必要があります。それくらいは自衛のために、絶対必要ですよ。
「同じお薬のはずなのに、どうして?」

■そこにからくりが!
実は、決して同じお薬ではないのです。同じなのは、原料の化学構造式、まで。原料の製造工場も変われば、さらに、原料の粉末を丸めて、錠剤にするときの添加物や方法は、同じではありません。結果的に、お薬の吸収される量や速度が異なり、効き方も異なります。メーカーや国は、「生物学的同等性試験」を行っているから同じだ、と主張しています。しかし、冒頭のAさんのように、明らかに効き方が違うのが実情です。同じく、例えばこれがシップや軟膏だったら、「同じ成分」といくら言っても、貼り心地や塗り心地が違うだろうと、想像できるでしょう。血圧や、糖尿病の薬だけ「まったく同じ」なんてありえないことは、ご理解いただけますよね。
他にも、「アメリカやヨーロッパでは、もっとジェネリックが普及している。日本は遅れている。」と主張する評論家もいらっしゃいます。これにもからくりがあります。アメリカを初めとする欧米では、日本に比べると遥かに医療費が高いのです。たとえばアメリカでクリニックにかかると、検査や薬は含めず、診察だけで初診料が三百ドル程度。日本とどれだけ違うかおわかりですか?一ドルは約百円ですよ。
だから、内容が違うとは分かっていても、経済事情からジェネリックを選択している方が多いのです。決して「まったく同じだから」と考えて選択しているわけではありません。

ジェネリックとブランド品。

どちらが良くて、どちらが悪い、とは申しません。物事には一長一短があって当たり前。もしジェネを口にするなら「異なるものだ」という前提で、血圧に限らず、血糖値(A1C)、コレステロールの値が変わっていないか、自己責任でチェックをお願いします。それができないのであれば、ジェネに変更しないほうがいいのです。家計への影響がどの程度のものかも、検討をお忘れなく。そうでないと、「安物買いの・・・」になりかねません。これだけのことをご理解いただいた上でジェネに変更されるのであれば、ドクター白鳥も、まったく異存はありません。

4月16日(金)17日(土)は日本脳卒中会で・GWも休診。詳細は受付に。

豪&淳
東京だより
続きを読む

ドクター白鳥の頭痛相談室(その8)
「片頭痛予防薬の使い方」
続きを読む

あなたからの“うれしい声♪”
「細かい指の運動を見過ごしていた」
続きを読む

◆看護師・X線技師募集。

「当院の応対が良かった」 と感じたあなた。
まずは、応募者リストに登録を!

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る