お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第34号

公式ホームページをアップしました。
http://shiratori.webmedipr.jp/
あなたが受付用紙に書いてくれた「感謝の声」が、毎月アップされています。
あなたの声も見つかるかな?

「歩く」ということ

初夏の森林公園。いつもと違うコースに足を踏み入れました。
杖をついたご婦人が、確かな足取りで坂を登っていきます。
「あれ?」と思ったのは、右足の足首に、白いプラスチックの装具をつけていたからです。新緑の木々、鮮やかなつつじ、森のかおり。人工的な白さが際立っていました。

「こんにちは」
「どうぞ、お先に。私はゆっくりですから」
会話はそこから始まりました。

「十三年前に脳梗塞で倒れてから、毎日歩く訓練を欠かしたことはありません。最初は、まったく足が動かない状態だったんですけど」
「いつごろからこんなにしっかり歩けるようになったんですか?」
「二年前からです」
「倒れてから二年目に歩けるようになったのですか?」
「いいえ、十三年前に倒れて二年前からですから、十一年目です」
「・・・・・」

脳梗塞専門のお医者さんとしては、麻痺してから十一年目に歩けるようになるなどということは、あまり経験がありません。
「それまでと、何か違うことをしたのですか?」
「どうやって、他の人は歩いているのだろうと、よく見るようになったのです。そして、自分の足に言い聞かせました。こういう風に、足をあげ、前に運んで、地面を踏んで、と。それから少しずつ歩けるようになって、今では森林公園をこうして散歩できるようになりました」
「意識して、足を動かすようにしたんですね。そして、毎日訓練する」
「はい」

彼女は、以前は何の気もなしにできていた「歩く」ことを、明確に意識することによって、再発見したのでした。傍らには、赤いサックを背負っただんなさんが歩いています。ハンディーをつけているのでしょう。

「意識して」「毎日行うこと」で出来るようになること。
果たして「歩く」ことだけでしょうか?

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る