お知らせ

あなたは頭痛で、仕事や家事がつらいと思ったことはありませんか?
~いつもと違う・・長く続く頭痛・・。ちょっとしたことでも、お電話ください~

あなたは頭痛で、仕事や家事が辛いと思ったことはありませんか?
ちゃんとお薬を選び、ベストタイミングで飲めば、頭痛は治る時代がやってきました。

今では、片頭痛に効くお薬が日本でも発売されるようになり、頭痛もちの方にとっては、一見「いい時代が来た」ようでもあります。

しかし、頭痛に対する十分な理解がないまま、薬を処方されても、頭痛薬が効かないばかりか、有害なこともあるのは、あまり知られていません。
例えば、あなたが「肩こりから頭痛が始まるんです」と言ったとします。
すると、多くのお医者さんは『片頭痛』を『緊張型頭痛』と勘違いしてしまう事をご存知ですか?

□肩こりから始まる片頭痛は、日本人では多いのか?
□その場合は、緊張型頭痛(本当の肩こり頭痛)と区別はどうすればいいのか?
□片頭痛の前兆には、どのようなものがあるのか?
□片頭痛の人が避けるべき誘因には、どのようなものがあるか?
□片頭痛治療薬を服用するときの“コツ”は?タイミングは大切か?
□片頭痛治療薬を服用してはいけないときは、どんなとき?
□授乳中に片頭痛が出たときは、どうすればいい?
□漢方薬は有効か?
□片頭痛の予防薬は、どのようなとき使うのか?
□頭痛には、どんな種類があるのか?
片頭痛・前兆のある片頭痛・緊張型頭痛・三叉神経痛・後頭神経痛・薬物乱用頭痛・カフェイン離脱頭痛・ 脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、動脈解離、脳腫瘍、側頭動脈炎、髄膜炎、脳炎による二次性頭痛・緑内障・小児頭痛

などなど、実は、頭痛の診断と治療は奥深く、脳神経外科専門の先生でもご存じない事が多々あるのです。
その証拠に、脳外科や内科を含めて、何箇所も病院を渡り歩いた患者さんが、東京から当院を受診し、「ありふれた片頭痛だった」ということがあります。適切な診断と治療を受けられなかったので、さまよってしまったのですネ。今では不安も無くなって、安心してダンス・インストラクターの仕事に打ち込んでいます。
この患者さんからは 「なによりも原因がわからなかったので、解決して嬉しいです」と、感謝の言葉をいただきました。

いつもと違う、長く続く頭痛・・・
頭痛で通ってらっしゃる、鈴木美恵子さん(仮名 40歳)からのお便りです。

最初、鈴木さんがいらしたときは、「いつもより頭痛が長く続くので」「子供がまだ小さいので、万が一のことがあってはいけないと思って」という理由で、額にしわを寄せて受診。 お話をうかがい、診察し、CTなどの検査をした上で、「片頭痛」と診断。説明に納得し、重大な病気ではないと安心したあとは、頭痛薬や予防薬を使用することで、頭痛の回数がグッと減りました。
その後は、頭痛の元のひとつでもある、ストレスの解消方法に、診療は移っています。
今では、ストレスを抱えつつも、スポーツジムにも通い、「母」「嫁」「妻」という“役割”だけではない、 自分自身の人生を歩んでいます。
前向きなあなたの応援団になりたい。私たちは、心からそう願っています。


クリックすると拡大します

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


診療科

内科、神経内科、小児科、リハビリテーション科


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで大変込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、時間に余裕をもっていらしてください。
「何時までに帰りたい」といったご要望にはお応えしかねます。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る