お知らせ

え!わたしって、糖尿病なんですか?

特に、今までは「糖尿病の気があるだけ」と思っていた、あなたの場合。
でも、ヘモグロビンA1c(1ヶ月から2ヶ月程度の血糖値平均を表しています)が、6.5をこえていれば、ほぼ確実に糖尿病といえるのです。
その内容(有料¥210)の一部をご紹介すると、
【糖尿病とは】
どんな病気?

【糖尿病のタイプ】
太った人の病気?
遺伝は必ずある?

【合併症―糖尿病を放置すると?―】
「症状がないから」「自分では感じないから」と糖尿病を放置すると?合併症はスキあらば、頭のてっぺんから足のつま先まで、全身に起こるものです。糖尿病になると、血管が傷つきます。その傷は、毛細血管の変化から起こる細小血管障害と、大きな血管の変化による動脈硬化の二つに分けられます。

“糖尿病の三大合併症”とは?

大きな血管の変化による動脈硬化性疾患として代表例は?

そのほか、多くみられる合併症とは。

【糖尿病の治療】
では、どうすればいいのでしょうか?
糖尿病治療の目標は、あなたが健康な人と変わらない社会生活を送れるようにすることでしょう。違いますか?
治療の基本は?場合により、薬物療法を行います。
治療は、血糖値やヘモグロビンA1c、体重、合併症の程度を指標として行います。

(1)食事療法
食事療法は、糖尿病治療の基本。
そのポイントは?
標準体重とは?
制限されているものは?

食事療法の7つのコツ

  1. 調理方法の工夫は?洋食より和食?また、繊維の多い食べ物は?
  2. 同じ肉類でも、部位による違いとは?
  3. 糖分、脂肪分の多いお菓子、スナック(ケーキ、チョコレート、ジュース)は避ける。○○と○○分を一緒に取るのが、一番いけないんですよ。
  4. アルコール類は?
  5. 外食や、コンビニ弁当は?
  6. 「ばか食い」を防ぐためには?
  7. 食べるとよいものは?

(2)運動療法
  運動時間と頻度
ウォーキングだったら?
※注意!
【運動中にこんな症状がでたらすぐに中止】

(3)薬物療法
糖尿病の進行具合や、タイプ(太っている人、やせている人)にあわせ、各種のいいお薬が、でています。しかし、これらのお薬を適切に使い分けることができる医師は、きわめて限られているのが実情です。糖尿病の治療薬は「劇薬」に分類されます。
「検査もしないでいつもと同じお薬を出す」先生では、適切に治療ができないばかりか、あなたの体を害する可能性すらあります。事実、他のお医者さんでお薬をもらい「毎日ふるえがあるのに、同じお薬をのみ続けていた」という方もいます。もう、おわかりですね。○○○発作を毎日おこしていたのです。

【まとめ】
これからの長い人生。
「糖尿病になったからこそ、普段の生活に気を付けて、一生健康に楽しく暮らせた」
そんなあなたの人生の、ほんの一部を共有したい。
それが当院の「糖尿病治療の姿勢」です。
共感したあなたは、ぜひ当院で「二人三脚」の治療を始めましょう。

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


診療科

内科、神経内科、小児科、リハビリテーション科


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで大変込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、時間に余裕をもっていらしてください。
「何時までに帰りたい」といったご要望にはお応えしかねます。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る