お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第78号

昨年平成二十一年のドクター白鳥 健康五大ニュースと平成二十二年展望

今年は寅年、年男といわれても実感のわかない白鳥です。そもそも今日はまだ十二月六日朝六時半、たまたまこれから日曜当番日、一日働く日。気もそぞろ、といったところでしょうか?
気を取り直して、新春にふさわしく、昨年の振り返りとこれからの展望としゃれこみます。

■一、前歯が抜けそうになった!

これは八月初め、夏休み前のある日。歯の詰め物がとれたので、ジムで知り合ったK先生の予約を取って、気楽に出かけました。「一応、一通り状態をチェックしておきますね」と、にこにこ顔のK先生。奥からチェックを始めて、おなじみ歯周ポケット探索、「○番2mm、△番3mm出血あり・・・」と順調に来て、手が止まります。「白鳥先生、この歯が動くのはいつからですか?」いつからと言われても、寝耳に水。でも、悪いことだってことぐらいは、わかります。

これが始まり。さすがにショックで、最初のうちは「あれが悪かったのかな?それともこれかな?」と、落ち込みます。K先生の話では、「歯茎を少しめくって綺麗にして落ち着けばいいし、それでもだめだったら、最悪抜くかもしれませんよ。」「外科的処置」か・・・。お医者さんといえど、患者さんの立場になったときは「 内科的にどうにかなるなら、なんとかしたい。」だめならあきらめるとして。高校時代の同級生が、静岡で歯科医をしていて評判が良い、という話を思い出しました。早速電話番号を調べて電話。昔と同じ声でなんとなく安心。あらまし聞くと、「通常だと新患の予約は三週間待ちだけど、来るならなんとかする。」と力強いお言葉。幸い静岡駅から最寄の場所だったので、すぐに予約を入れてもらいました。

「歯が悪くなるのは、ばい菌による影響と、当たって傷むことによる影響のふたつが原因となり、炎症を起こすから。白鳥の場合は、以前の虫歯の治療のときに、噛みあわせまで考慮してなかったり、だんだん年を取ったりで前歯同士が当たるようになって、そこだけ悪くなったのだろう。ストレスで歯軋りも強そうだし。」
というわけで噛みあわせを調整、歯周ポケットは洗浄液で綺麗にし、スピロヘータ(悪さをする菌ですね)を抗生物質で叩く、という治療をした上で、日ごろのお手入れ(プラークコントロール)と、定期的なスケーリング(歯石除去)でまずは様子を見ることに。

「一生自分の歯で食べたいんだけど」

という気持ちがあるので、毎日お手入れしています。慣れるまではこれが大変一日一回は、普通に歯磨きした後、歯間ブラシとデンタルフロス(糸)で、歯と歯の間をお手入れします。歯周ポケットに少しもぐるように、でも傷つけないようにするには、鏡を見ながらの作業となります。「副作用」は、腰痛でした。は?鏡を覗き込むときの姿勢に、きっと無理があるんですね。そうそう。歯間ブラシの必要性について、名言がありました。「普通の歯ブラシだけだと、お風呂でお腹と背中を洗うようなもの。 歯間ブラシを使って、初めて腋の下も洗えます。」これって説得力ありませんか?

四十歳以上で、日ごろ口臭のある方(これ自分だと分からないですが・・・)、糖尿病のある方、タバコを吸う方は、私みたいに「寝耳に水」になる前に、歯医者さんでチェックしてもらってくださいね。

■その二、ピロリ菌の退治をしました。

五月の連休明け、胃と大腸のファイバーをしました。大腸は初めての経験。
たしかに、 海水みたいのをたくさん飲むのは、拷問に近いですね。「たくさん飲んで、動いて便を出してください。」と言われ、いい気になって、病院の外まで散歩に出かけていたら、検査の順番が最後になってしまいました。結果は問題なし。
胃カメラは、今まで何回か受けているので 、慣れてきました。しかし、初めて 「ヘリコバクター・ピロリ菌がいます」と言われて、胃炎治療、胃癌予防の為除菌することに。朝晩一週間、たくさんお薬を服用します。慣れるまでは、お薬飲み忘れるもんですね。一日目は、晩の分をすっかり忘れてしまいました。それにこりて、妻に「食事のときは声をかけて」と頼んだ上で、食卓の目の前にお薬をおくことに。これで飲み忘れがなくなりました。

■その三、学会や研究会に、平均週二回出席。

開業して七年。自己再教育のため、昨年は週二回研究会や学会に出席する目標を立てました。達成。この年になると、吸収した知識があなただけでなく、自分のためにもなり、大変役立ちました。学会は、神経学会と頭痛学会に出張。今年はもう少し、学会出張をふやす予定。日ごろの研究会に関しては、忙しい外来が終わった後、夜出席するのは正直しんどいです。集中するために、前から三番以内の席に座ることを実行。自分の専門分野では必ず講師に質問し、それ以外の分野でも質問し、能動的に参加。今年は、知的な楽しみとして出席します。

その四以降と、頭痛相談室は来月

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

豪&淳
東京だより
続きを読む

あなたからの“うれしい声♪”
「「思います」と言う言葉にひっかかり安心できません。」
続きを読む

◆看護師・X線技師募集。

「当院の応対が良かった」 と感じたあなた。
まずは、応募者リストに登録を!

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る