お知らせ

ドクター白鳥の頭痛相談室(その6)

片頭痛の予防薬を使うときはどんな時?

前回十月号では、片頭痛の特効薬トリプタン製剤(イミグラン・マクサルト・ゾーミック・アマージ・レルパックス)を服用するタイミングをご紹介しました。
今月は、予防薬のお話です。予防薬を考慮するとき、 三つのパターンがあります。

まず一つ目。あなたは月に何回頭痛で「痛い思い」をしていますか?基本的に「月0~一回」という方は、予防療法の適応にはなりません。「月二回以上」のとき、初めて予防薬投与を患者さんと相談することになります。

二つ目。薬物乱用頭痛(八月号参照)に陥っているとき。薬物乱用頭痛の治療は、「頭痛薬をやめること」です。しかし、ただやめるだけでは、つらさが身にしみます。この際は、予防薬の助けを借りると、比較的楽に頭痛薬をやめられます。

三つ目。これは特殊な片頭痛。頭痛の前兆時に、片麻痺(右手足または左手足)をともなうようなときには、予防薬の対象となります。

予防療法には、どのようなお薬があるのか?に続く)

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る