お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第70号

あなたからの『嬉しい声♪』第27回

白鳥内科での四年間

■まず解消できた悩みは?
白鳥内科をたずねて四年になります。高血圧・慢性腎臓病と悪いところだらけです。今は血圧の薬を飲む毎日ですが、以前はそれだけでなく、頭痛薬を手放せず苦しかった。偏頭痛に悩むことがなくなっただけで、こんなに楽になれるかと思う毎日です。

■いろいろ見つけて下さり、その度にして頂いた秘密
この四年間の間にも・肝嚢胞・胆嚢の影などいろいろ見つけてくださり、その度に病院を紹介して頂き、対処してきました。

■とてもショックだったのに、前向きに慣れた一言とは?
その後も、私の腎臓の数値はだんだん悪くなり、去年の十一月のことです。白鳥先生から 「自分の病気としっかり向き合って真剣に考えてみたらどうか」と、今度は、腎臓内科を紹介して下さいました。
その先生は腎臓の働きや役割をていねいに教えていただき、「自分の腎臓が三割ほどしか働いていない」と言われました。その時は、とてもショックでした。「私の腎臓の機能うを十年・二十年と維持するためにはタンパク制限の必要」など教えていただき、今、それに取り組んでいます。

紹介された医師から言われました。「今、透析の患者がとても増えている。もっと数値が悪くなってから来る人がいっぱいいる」と。「その時来ても、もう遅い。私の場合は、今、来てくれたからよかった。今の腎臓の機能を維持するためにがんばりましょう。」と言われ、病院を紹介していただいたこと、本当にありがたく前向きになりました。

一緒に病院に説明を聞きに来てくれた娘にも感謝・白鳥先生にも感謝です。

しみじみと“転ばぬ先の杖”をかみしめました。まだこれから食事など大変ですが、本当に自分を見つめられてよかったと思います。大好きなゴルフもそこそこに、がんばって行きたいと思う毎日です。有難うございました。

【ドクター白鳥から】

松本さんは、とても小柄なのに、「どこにそんなパワーが隠れているの?」と思うような、積極的な女性です。好きなゴルフを楽しむためなら、日本全国どこへでも、出かけていきます。

■痛みはまずストップ
最初は、頭痛への対処のため、頭痛専門の当院を訪ねていらっしゃいました。松本さんの頭痛は、頭痛薬の慢性的使用による、薬剤性頭痛と診断。漢方薬を試し、頭痛の回数は、最小限に減りました。ここまでは、「痛いのを何とかしたい」という気持ちで乗り切りましたね。

■松本さん、大病院、白鳥内科との三人四脚
その後は、高血圧や、腎機能障害の対策に、主題が変わりました。ご存知ですよね。高血圧や、腎機能障害は、痛くも痒くもありません。だけど、放置していると、脳梗塞や心筋梗塞につながる、サイレント・キラー(静かな殺し屋、でもとどめをささないで、寝たきりにすることが多い)。
松本さんは、「頭痛がないから高血圧は治療する必要がない」などと言い出す方では、決してありません。それでも、痛くも痒くもないのに、「食事を変え、好きなゴルフもほどほどにしておこう」とは、なりにくいもの。
しかし、腎機能障害には、過度な運動は負担になりがち。
そこで、「自分の病気と向き合うために。腎臓専門医に一度相談したら?」と提案しました。松本さんは、その申し出をきちんと受け止め、専門外来を受診。そこでの磯崎先生の一言。「早く来てくれてよかった」。
私たち開業医が「大病院に紹介して良かった」と思う瞬間。磯崎先生、有難うございました。
松本さんは、今では、適度な運動、そして塩分。蛋白制限食に、取り組んでいます。
お薬や生活習慣改善に継続的に取り組んでいる姿を見ると、 いつも、その忍耐強さに、励まされます。これからも、よろしくお願い致します。

※CKD(慢性腎不全)の全国的治験(治療研究)に、当院は参加しています。伊藤看護師が担当。ご相談ください。

豪&淳
東京だより
続きを読む

頭痛あれこれ(その一)
年間三百人以上の、片頭痛患者さんを診察しているドクター白鳥の、気まぐれエッセイ。スタートします。
続きを読む

スタッフ紹介
私の現在・過去・未来♪・・・元気の素は!?
続きを読む

◆頭痛携帯専門サイト

www.zutsu.mobi
ケータイで読み込めます。
一度やり方を覚えると簡単。

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る