お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第68号

どういうつもりなの?あの人!
~「困難に直面した時の行動パターン」を知るメリット~

「どうして、あそこであんなに怒るんだろう?」
「あやまればすむのに、どうしてあそこまで突っぱねるんだろう?」
職場や家庭、あるいはTVを見ていて、そんな疑問を抱いたことはありませんか?私も「相手がこう行動してくれたらいいのに」と思った事がありました。そして、答えのでない迷路に何時間も迷い込んだり、反発した経験があります。でも今は、そんなことも滅多になくなりました。今月は、セミナーで学んだ事と私の経験をお話したいと思います。

■「困難に直面した時の行動パターン」を知る?
「我慢していて最後に爆発する」
「つい軽い嘘をつく」
「いつもキレる」
「泣く」
あなたは過去の困難をどう乗り越え、あるいは乗り越えられずにいましたか?
人それぞれの困難に向き合った時のパターンは幼少期にできあがり、本人が自覚していなくても、社会に出たあとでも、同じようなパターンを表すもの」であり、それはほとんどワンパターンだそうです。
その話を聞いて、私が最初に思い出したのは、小学校四年生の時、浜松市から磐田市に引っ越した友人宅へ遊びに行こうと、別の友人と計画した時のことでした。しかし、直前になってその友人の母親が子供同士で遊びに行くことを許してくれませんでした。私も母親に「やっぱりやめる」と伝えたら、「友達に行くと約束したなら、絶対に行きなさい」と、代わりに幼稚園児の弟を連れて行くよう叱られました。しかたなく弟の手を握ってバス停に向かい、初めて弟とバスに乗りました。初めての磐田駅で、初めてのバスの乗り換えです。案の定分からなくなり、泣き出したい気持ちになりました。
でも、弟の前でなくわけにも行かず、まずは、優しそうな女性を探し、勇気をだして声をかけました。その女性は親切に教えてくださり、三十分程バスに揺られたのちに、無事に友人宅に着きました。久々に友人と再会でき、楽しい時間を過ごした思い出です。
今ふりかえると、はじめは嫌でも、人(母)から指示されると、仕方なく行動する(ここは素直に従う)。そのなかで、人に聞いたり、自分なりに行動してみたりして、困難を乗り越えてきたように思いました。

■ある朝のできごと
さて、当院に勤務してからはどうだろう?と思い起こしてみました。実は、二年位前までは、院長と意見があわずに衝突することが度々ありました。
かつての私は、この困難にひどく悩んだり、反発していました。一方で、そんな自分の対応のありかたが「このままではいけないな」と、頭では分かっていながらうまく行動できていませんでした。そのころ、院内で、院長が招いた大原鶴美先生の講義を受け、一週間ごとに「尊敬した人・出来事」を書き出すよう課題が与えられました。しかたなく、提出ネタを探しながら仕事をしていました。
そんなある日の朝、院長から自分の態度について注意を受けたのです。
(以下来月に続く)

豪&淳
東京だより
続きを読む

今月のあなたからの嬉しい声です。
「他では十種類あった母の薬を、三種類まで減らすことができました。」
続きを読む

サプリ選びに悩んでいるあなたに。
天然素材の安心サプリ、ご紹介します。
続きを読む

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る