お知らせ

あなたからの“うれしい声♪”

物忘れ!それはしますよ。
でも、妄想被害などの周辺症状は改善され、楽しく毎日を送っています。

松下 和夫さん
(仮名 64歳)

【ドクター白鳥から】

認知症とは、言うまでも無く、物忘れと判断力の低下。しかし、実際に家族が困るのは「周辺症状」のことが多いです。つまり、性格が変化し攻撃的になる、妄想被害が強くなる、逆に「うつ」になって、閉じこもってしまう、などです。これらの周辺症状は、家族が「てんぱってしまう」と、さらに悪化してしまうのが実情。
松下さんも、そんな奥さんの性格変化に悩みを持ち、昨年来院されました。そこで、「物忘れはある程度仕方がありません。むしろ、気持ちを安定させることに集中しましょう。」と提案。幸い、松下さんは、その提案を素直に受け入れてくださいました。他院ですすめられた「訓練」は、いやがるなら無理強いせず、もともと好きだったことを続けるよう、穏やかに励ましました。それが功を奏し、奥さんの精神状態は、徐々に安定。さらに、アリセプトD(飲みやすい口内崩解錠)などのお薬の効果で物忘れも進行していません。
松下さんの決断と実行に拍手、です。

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る