お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第59号

パーキンソン病は、増えている?どうよ?

パーキンソン病を、ご存知ですか?
「手が震える」
「寝たきりになる」
こんなイメージでは?

パーキンソン病がふえた理由
私がお医者さんになった二十年前。「めずらしい難病」という位置づけだったパーキンソン病。しかし、最近では、しょっちゅう見かけます。その理由、考えてみましょう。
「環境の変化」で、パーキンソン病になる人が増えたから、と答えたあなた。残念。違います。
答えは「高齢者が増えたから」です。
え~~また高齢者!パーキンソン病は、六十歳以上でなることが多いんです。七十歳以上では、百人に一人がなります。だから、高齢者が増えれば、当然パーキンソン病の方も増えるんですね。

三十年後を見すえて
パーキンソン病になっても、うまく治療を続ければ「寝たきり」になるわけではありません。ただし、それがゆえに、もし六十歳になったとして、九十歳まで生きるとしたら・・・。
そうです。三十年後を見すえた治療をしなければなりません。

神経内科の専門は、頭痛や物忘れだけではありません
そこで、パーキンソン病専門「神経内科専門医」の出番。
数あるパーキンソンの お薬を自在に操り、「長持ちする治療」がお得意。時々、脳外科(手術のときは頼りに、でもお薬には詳しくありません)や、普通の内科にかかっていた患者さんを診る機会があります。
その経験から、専門ではない先生は、その場しのぎにお薬を増やしてしまいがちなことがわかりました。(平成十九年十月号参照)残念ながら、誤診も多いのが現状。

六十歳以上の方で
「手が震える」「動きがゆっくりになった」「歩きにくい」あなたの家族や知り合いに、いませんか?パーキンソン病の可能性もあります。神経内科専門医に、今すぐご相談下さい。
TEL:053-427-0007

豪&淳
東京だより
続きを読む

こんにちは、山田です。
(当院スタッフ紹介コーナー)
続きを読む

今月のあなたからの嬉しい声です。
続きを読む

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


診療科

内科、神経内科、小児科、リハビリテーション科


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで大変込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、時間に余裕をもっていらしてください。
「何時までに帰りたい」といったご要望にはお応えしかねます。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る