お知らせ

「ただの物忘れとは違うようです。認知症ですね」
あなたの家族が言われた日~その3~

「質問する」~“ことのは”の裏に、潜むものとは?~

◆認知症のあるお母さんが、毎朝聞いてくることとは?◆
先日、認知症の母親と同居する、娘さんから、相談を受けました。
お母さんは、介護保険を使って、週に3回デイ・サービスに出かけます。
そのお母さんが、 毎朝尋ねてくることで、ケンカが絶えないそうです。
「今日は、どこかに行く日だったかね~」
「だから、デイ・サービスに行く日は、月・水・金だから、カレンダーにも印をつけてあるじゃない!どうして毎朝同じことを聞くの?」
娘さんは、仕事にでかけようとすると、毎回同じことを聞かれてしまい、出勤時間が遅くなってしまいます。そこで、イライラして、つい言葉がきつくなってしまうのでしょう。

◆娘さんのイライラは解消できるのか?◆
「どうして、毎朝同じことを聞いてくるんでしょう?そんなに認知症が進んでいるんでしょうか?」
「じゃ、ご本人に、どうして毎朝同じことを聞くのか、ゆっくり時間があるときに、聞いてみたらいかがですか?」
「悩んでないで、本人に、直接聞いてみる」
なんだか、“幸せのツボ”~ストレスを溜め込まないためには?~の応用編みたいですね。

◆“ことのは”の裏に、潜むもの◆
お母さんの答えがどうだったか、知りたいですか?
では、あなたにもこっそり教えましょう。
「あなたと話をしたいけど、他に、話すことが見つからなくて、、、、」
それを聞いた娘さん。
「私が出かけるのが寂しくて、話をしたいけど、他に話題が見つからなかったみたいなんです。」
それで、毎朝お母さんを叱りつけてしまうことはなくなったし、休みの日には、十分お話するようになったそうです。
子供や、夫婦の会話にも応用が利きそうな、いい話じゃありませんか?

◆寂しさの原因◆
認知症が出てくると、最近のことを良く覚えていないし、あまり自由にお出かけもできなくなります。必然的に、話題は限られたものに、、、、
そんなときでも、ちょっとした質問を投げかけるだけで、違う会話「お母さんが一番輝いていたころの話」に発展していくことがあります。
むずかしいな、と思ったら、「それで」と促すだけでも、効果的でしょう。
なれてくれば、あなたも名アナウンサー。“回想法”(6月号参照)で、お母さんの脳リハビリも進みます。ひとつコツがあったのを覚えていますか?そうそう、 「ちょっと辻褄があわないな」と思っても、話の腰を折らないこと
じゃあ、その調子で!

(ドクター白鳥は、神経内科専門医。神経内科は、認知症が専門です。)

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る