お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第39号

休診日の木曜。

東京に出張し、ある人と意見交換をしてきました。
きっかけは、事務長の「こんな記事がのっているよ」の一言。
学士会(旧帝国大学卒業生の親睦団体です)会報に、最近話題の病院コンサルタントが取材されていました。
マッキンゼー(世界的な経営コンサルタント会社)出身、40代女性、「優良な経営に基づき、医療の質を高める」理念のもと、病院専門のコンサルティング会社(株)メディバを自らおこし、急成長中。話題性はばっちり。

私には、「第一線の実力があり、人間味にもあふれる開業医を育てたい」という夢があります。
電子メールでさっそく連絡。「自分の事業は、まだ医師を育てる所まで届いていないが、まずは意見交換を」と紹介されたのが、慶応大学出身の提橋さん、25歳。
在学中に、彼はネット企業を起業していたのですが、メディバの社長と出会い転進。卒業後はメディバに就職し、ネット部門を請け負う、切れ者です。

「専門以外の分野を、研修してから開業する機会がないから、開業してから困りますよね。今では、亀田総合病院で研修する選択もありますが。」
「開業すると、それまでの専門性を生かせないのが共通の悩みでしょう。」
「大病院からいきなり開業しても、全然経営のことがわからないのは、当たり前です。それは、実際に開業医で研修しないと学べません。」
「お医者さん相手の商売は、『ぼったくり』に近いものがありますよね。人任せにして、だまされちゃう先生が多いから。」
「将来的には、独立した開業医が、ゆるい提携を結ぶような形になるんでしょうか。今のままでは、これからは開業のリスクが高すぎますから」

さまざまな点で、現状と将来を具体的に話し合う機会が得られ、興奮。
自分を振り返り、 【神経内科=物忘れ、歩きにくい、頭痛、めまい】という専門性を充分に生かしきれていないことにも気がつきました。
まずは足元から。 【脳のCT】という切り口で、神経内科を紹介する文章を、目下作成中。
そして、これらの経験を、次世代の医師に伝えたい。

夢は続きます。

(【あさがお新聞】取材で、神経内科の紹介をしています。今月十五日号)

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る