お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第28号(平成17年11月)

「白鳥先生のPR不足じゃないですか?先日○科に行ったら、「神経内科は精神科の親戚だから、本当の内科じゃない。血圧の高い人は、循環器に行きなさい」などと言っている病院職員がいまだにいます。」

「へー。それはすごいこと言う人がいますね。素人でも勉強する人はかなり知識がある時代なのに。」

これは実際にあった話なんです。
みなさんは神経内科が、全身の病気を診るのに適した科であることを、
すでによくご存知ですよね。

え?まだご存知ない。それでは大サービス。

「文芸春秋11月号」掲載、「神経内科特集」抜き刷りを、お手元にお届けします。
首を長くしてまっててちょ。忙しいので、年明けになります。

それまでの「ヒント」
「神経内科の代表的な病気のひとつは、ごぞんじ脳梗塞」

では、脳梗塞になりやすい人は、どんな人?

毎月「くぐいだより」(白鳥新聞と呼ぶ人もあり)を読んでいるあなたなら、答は簡単ですよね。
ほら、○圧が高い人とか、○糖値が高い人。不△脈がある人とか。□□□を吸う人もそうかなあ。
なんだかこれだけでも、「全身の病気」と関係がありそうですよね。
でも、体の病気だけでなく、軽い心の病なら、今までと同様「あなたのかかりつけ」として充分に対応していきますので、ご安心を。

「検査では体に大きな問題はなかったんですよね。それはいいことでした。じゃあ、どうして動悸がしたり、頭が痛かったりするんでしょう?いっしょに考えてみましょう」この言葉から、当院の心のケアーは始まります。

白鳥先生 なんでも聞いてみよう! 第一回

質問「検査結果を聞きに来たときは、受付でまず伝えて」といわれます。他ではいわれたことがありません。なぜですか?

 結論から言うと、「電子カルテ」を使用しているからです。電子カルテでは、紙に印刷された結果、特に健診の結果や紹介先の病院からの返事を、「カルテにはさんでおく」ことができません。したがって、それらをファイルから出してくるのには時間がかかり、とっさに言われると、スタッフがあわてる原因になります。だからこそ、受付で「この前聖隷病院に行ってきた結果をまだ聞いていません」「肺がん健診の結果を聞きにきました」などと伝えていただき、「基本カード」にご記入いただくと、大変助かるのです。
質問 毎回名前を書くように言われます。老眼鏡がないと書きにくいのですが。
答 「基本カード」では、お名前を確認する以外に、診察に必要なさまざまなことをおうかがいしており、待ち時間の短縮に役立っています。一人の医師が一日百人以上診察して、なおかつ「先生からていねいにお話を聞けた」と感謝の声をいただけるのは、このおかげです。ぜひ「老眼鏡」をお持ちの上お越しください。

質問 「鈴木」です。「診察券」を必ず持ってくるように言われます。

 いいことを聞いてくれました。ごぞんじのように、「鈴木さん」を始め、同姓同名の方は、予想以上にたくさんいらっしゃいます。「人間違い」を避けるため、特に「鈴木さん」は「診察券」をお忘れなく! 「同姓同名問題」は、診察券の「ID番号」で百%クリア可能です。「ワクチン」の際も、よろしくお願いします。

質問 先生のところで「胃カメラ」も受けたいのですが。

 「胃カメラ」は、現在では安全に行えるようになった検査のひとつです。それにもかかわらず、「内科」でのトラブルの多くが、胃カメラに関するものです。したがって、

1.何らかのトラブルが生じたときに、二人以上の先生が対応できる大病院をお勧めしています。もう一点、大病院をお勧めする理由があります。「胃カメラ」には、大きく分けて二種類あります。「ポリープなどとってくることが可能なタイプ」と、「見て観察するだけのタイプ」です。当然見るだけのほうが、径は細く、楽に出来ますが、大切な「生検」ができません。

2.大病院では、疑わしいところがあればとって調べることを前提に、前者を使用しています。

どちらがいいでしょうか? ご理解をお願いします。

「くぐいだより」総目次を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る