お知らせ

鵠通信 ― くぐいだより ― 第124号

10月の展覧会情報です。
愛知トリエンナーレは、ついに行き損ねた。


国立新美術館

クレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に
印象派を超えて―点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで

展覧会名そのものの内容。点描、てなんだったのか、よーくわかります。印象派の終焉から分割主義を経てモンドリアンの抽象絵画に、という流れを概観。ちょっと玄人向け。でもゴッホさんも楽しめます。


東京都美術館

ターナー展

ロンドンに行くとあちこちで目にするターナー。日本でまとめて目にする機会は少ない。大ファンになる感じはしないけど、床屋さんのせがれで上昇志向が強く、あんまりかっこよくなくて、相当稼いだのにケチ、という人間的側面を知り、面白かった。同居の女性にほとんど生活費もわたさなかったらしい。その性格のせいで、女王様から勲章をもらい損ねたそうな。


山種美術館

古径と土牛

小林古径と奥村土牛の回顧展。古径生誕130周年。古径はできの良い作品と悪いのとはっきりしてますね。日本画の方は必ず猫を描きますが、古径の猫もかわいいですよ。土牛は、最近まで生きていたとなると、日展のどろどろに最後は毒されていたのかな??絵はそんなことを感じさせない、シンプルなものが多いです。醍醐寺の桜の老木が有名ですが、枝を支える棒まで描いているのは、やっぱ書きたかったからなんですよね。支えが必要なんだな。


サントリー美術館

酒器のある情景

サントリー美術館ならでは。古ヴェネチアン・グラスがすごかったです。


ブリジストン美術館

カイユボット展―都市の印象派

印象派のパトロンの一人でもあった、カイユボットの、本邦初の回顧展。以前ワシントンナショナルギャラリーで見た、ペリソワール・カヌー漕いでいる絵とも再会。しかし、なんといっても、ヨーロッパ橋を描いた写真的な絵。かえって印象派的ではない絵の方が、印象深いです。

私的には今月のハイライト。


東京国立博物館

京都―洛中洛外図と障壁画の美

展示替えを含め、国宝・重文の洛中洛外図屏風七点すべて展示、という思い切った展覧会。日本テレビ開局60周年記念。岩佐又兵衛の舟木本に特に焦点を当てています。とても生き生きと庶民の生活を活写。狩野永徳の上杉本も、京都での狩野派特別展以来の再会。

これは、展示替えも含めて行かないと。単眼鏡は必携。裸眼ではよほど目が良くないと見えにくいです。


パナソニック汐留ミュージアム

ルオーとモロー-聖なるものの継承と変容-

師弟関係にあった二人。パリのギュスターヴ・モロー美術館改装に伴い、パリに先駆けて開催されている二人回顧展。二人の作品の類似性と違いがよくわかります。デッサン重視から抜け切れなかった当時のパリ画壇に、色で構成された材質感(マティエール)、という概念を持ち込んだわけだ。その題材が神話や宗教でなければ、更に革新性が増しただろう。

一見してルオー、モローとわかるようなフィンガープリントが込められているのが、同じく師弟関係にあった古径と土牛との決定的な違い。

◆看護師・X線技師募集。

「当院の応対が良かった」 と感じたあなた。
まずは、応募者リストに登録を!

お知らせ一覧を見る

白鳥内科医院

〒430-0814 静岡県浜松市南区恩地町192
電話:053-427-0007  FAX:053-427-0005


主な診療内容

物忘れ(認知症)外来
頭痛外来(6歳以上の小児を含みます)
パーキンソン病とその類縁疾患


診療時間

月曜日・火曜日・金曜日
8:30~11:00
15:30~17:30
土曜日・日曜日・祝日
8:30~11:00

学会、長期・短期研修など、水・木以外の休診日は、休診案内をご覧ください。

現在、予約は再診患者さんで若干込み合っている状態です。
恐れ入りますが、初めての方は、予約無しで、お早目の受診をお願いいたします。
お越しになる際は、必ず、時間に余裕をもっていらしてください。
認知症の診療には、多くの時間と手間がかかるからです。

また、再診で、予約の日に来られなかった方も、予約無しでお願いします。
混乱を避けるため、予約日時の取り直しは一切ご遠慮いただいております。

2017年から、1時間当たりの予約患者さんの数を減らし、以前に比べると、はるかに待ち時間は少なくなりました。


休診日

水曜・木曜
(毎週日曜・祝日診療)


詳しい地図を見る


トップに
戻る